REVCELL  クリーンエアー

 CO2クリーナー

酸素カプセル専用空気清浄器

高性能ダブルフィルター採用で、利用者の吐き出す二酸化炭素を吸着し、0.3μm以上の微粒子を捕集します。

装置内の二酸化炭素濃度は医療機器レベルまで抑え、PM2.5や花粉、ノミダニアレルゲンなども捕まえます。

 

CO2クリーナーを運用することで、装置内の二酸化炭素濃度を高気圧治療器(医療機器)で定められている安全基準値に準拠できます。


CO2クリーナー

酸素カプセルの効果を、さらに引き出す

最新のテクノロジー


CO2クリーナー実測例

1時間使用時実測値一例:3239ppm

 1時間使用時実測値一例:2988ppm 

使用者の肺活量等により濃度はばらつきますが、容積の小さい酸素カプセルでも通常の半分から1/3以下にまで下げる事ができました。

厚生省許容値及び医療機器安全基準値

5,000ppm 

 

圧倒的に低い二酸化炭素濃度を実現

他社製品の二酸化炭素濃度はこちらから


CO2クリーナーセット

販売価格:198,000円

セット内容

クリーナー本体・フィルター・CO2計測器

フィルター交換式

フィルター性能:CO2吸着量 約170ℓ


参考使用目安

厚生省指針(参考数値)

・推奨値1,500ppm(0.15%)

・許容限度5,000ppm(0.5%) 

高気圧治療器安全基準

・5000ppm(0.5%)


交換用CO2フィルター

二酸化炭素の他、花粉、PM2.5、ノミダニアレルゲンなどを捕集します。

・二酸化炭素除去量約170ℓ

・0.3μm以上の微粒子を捕集

販売価格:6,000円

 

CO2メーター

・計測範囲:0~9,999ppm

販売価格:26,000円




実際の体験談はこちら


他社製品の二酸化炭素濃度



人は呼吸する事で、細胞(ミトコンドリア)に酸素を補給しエネルギー(ATP)を作り出します。

その過程で二酸化炭素を吐き出しますので、呼吸するたびに、酸素カプセル内の「酸素」が「二酸化炭素」に置き換わります。


人が吐き出す二酸化炭素量


換気の悪い部屋のイメージ


 

一般的な酸素カプセル内の二酸化炭素濃度は、医療器で定められている安全基準値を大幅に上回っていることがわかっています。


F社製1人用酸素ルーム30分使用例

通常使用30分で最大7,580ppmまで二酸化炭素濃度が上がるところ、CO2クリーナー使用で1/3以下の約2,344ppm迄低減する事ができました。

安全委準値5,000ppmオーバー


安全基準値の1/2以下まで低減



酸素濃度・二酸化炭素濃度

 

下記グラフ(クリックすると拡大します)は、密閉されている空間内の空気組成のイメージになります。通常、密閉されている空間内に人や動物が滞在する場合、呼吸をすることにより、空間内の酸素を消費し二酸化炭素を排出します。つまり徐々に酸素不足に陥ることになります。

 

酸素カプセル内では、常時新たな空気が供給されますので、このようなグラフ通りにはなりませんが、換気の悪い製品内ではこれに近い状況が起きている可能性があります。


二酸化炭素:0.03%(300ppm)

酸素:20.95%

 


二酸化炭素:1%(10,000ppm)

酸素:19.95%

 


二酸化炭素:2%(20,000ppm)

酸素:18.95%



レブセルでは、酸素カプセル業界が長年取り組んでこなかった二酸化炭素問題に正面から向き合い、オリジナルのCO2クリーナーを世界で初めて開発する事に成功しました。レブセルでは、二酸化炭素除去装置として、特許出願を済ませています。


 

お電話でのお問合せはこちらから

受付時間 : 月曜日 ~ 金曜日

9:00 ~ 18:00 まで

 

03‐6869‐1927




空気清浄機能付加圧装置

稼働時は室内空気清浄器にもなるハイブリッドシステムはレブセルだけ!


多くの原子力発電所でも採用されている 

「WACフィルター搭載」

HBクリーンエアシステム


 

イメージ図

画像は、クリックすると大きくなります。


 

酸素カプセル内を綺麗な空気で加圧しながら、同時に室内の空気もきれいにすることができるハイブリッドタイプ!

酸素カプセルを使用していない時でも、稼働させることで室内用高性能空気清浄器として活躍します。


空気にこだわる方にお勧めです!

対策を取っていない酸素カプセル内の環境は、室内に滞留している汚染物質の

濃度に対し1.3気圧モデルで1.3倍、1.5気圧モデルで1.5倍になります。

花粉やノミ・ダニアレルゲンをシャットアウト!

綺麗な空気がうれしい高性能フィルターです。


高性能長寿命クリーンフィルター内臓

HBクリーンエアーシステム 

本体型式:LF-60(1.3気圧酸素カプセル用

販売価格:398,000円

替フィルターセット

型式:LFS-60

販売価格:180,000円

*交換目安3年(交換費用+メンテナンス費用含む)

①プレフィルター

・目の粗いゴミを捕集し、メインフィルターの目詰ま りを防ぎます。

②HEPAフィルター

・JIS規格で0.3㎛以上の微粒子の捕集が決められれています。

・花粉や、ノミダニアレルゲンを始め、PM2.5(2.5㎛)等を捕集します。

WACフィルター

・福島第一原発を始め、多くの核施設で使用される超高性能フィルター。

・吸い込むと内部被爆の危険度が高まるガス状放射性ヨウ素の捕集効率も99.43%以上を誇り、HEPAフィルターをすり抜けてきた超微細粒子もしっかり捕集します。

いざという時には「核シェルター」としての機能を果たします。

④ルームタイプ用は、お問い合わせください。







1.カプセル内に送り込む外部空気

酸素カプセルには、気圧を上げる為の空気が、外側から送り込まれ、カプセルの外側の環境は、様々な好ましくない物質(微粒子:PM2.5、ノミダニアレルゲン、カビ胞子など)で汚染されている可能性が有ります。    

 

お部屋の中に空気清浄器を置くことは珍しくありませんが、レブセルの場合、酸素カプセルの外側(部屋でいえば換気口)に特殊フィルターを備える事で、カプセル内への汚染物質の侵入を防いでいます。

 

つまり、部屋の中の空気清浄器のように侵入してしまった汚染物質を取り除くのではなく、カプセルの外側に特殊フィルターを備える事で、汚染物質の侵入自体を未然に防ぐシステムとなります。

 

株式会社レブセルは、酸素カプセル内だけでなく設置している部屋にも独自の技術で快適な空間を作ります。


2.酸素カプセル内のCO2濃度

酸素カプセル内には、当然利用者の呼吸から排出される二酸化炭素(CO2)が吐き出されます。

 

厚生省によると、二酸化炭素は少量では問題になりませんが、一定量を超えて高くなると睡魔に襲われたり、肩こり、頭痛などが人により起こるとの事です。

 

また二酸化炭素濃度は、部屋の中の空気汚染の尺度として使用され、ビル管理法の衛生基準値は1000ppmと決められていて、厚生省の勉強会などでも、推奨値1,000ppm、目標値1,500ppm、許容値5,000ppmと発表されています。これら数値を超える濃度になると換気量が足りない事になります。

 

当社で調査した結果、調べた全ての機種(旧世代の製品)において、二酸化炭素濃度が許容値を越えてはるかに高い事を確認しています。

 

これら旧世代の製品では換気量が全く足りないという事になります。


クリーンエアシステムイメージ

HBクリーンエアシステムが、室内の空気清浄を行いながら、きれいな空気を酸素カプセル内に送り込み、カプセル内ではCO2クリーナーが利用者から排出される二酸化炭素を除去します。 

 

送り込む空気だけでなく、カプセル内の二酸化炭素もクリーンにするシステムは、世界初!

 

放射能さえカットする特殊フィルターとCO2クリーナーをセットにした、ダブルクリーンシステムはレブセル独自の技術です。


対策ができて無い製品の場合

一般的な酸素カプセルは、室内に入り込んでしまった汚染物質(花粉・カビ菌・インフルエンザウィルス・PM2.5等)を、空気と一緒にカプセル内に吸い込んでしまいます。

旧世代の酸素カプセル・酸素ルームは、送り込む空気や、利用者の呼吸から排出される二酸化炭素に対処ができていません。

 

空間内の環境の事を考えていない酸素カプセルでは、部屋の中の汚染物質をカプセル内に吸い込み、カプセル内では利用者の吐き出す二酸化炭素が充満していました。

 

室内に滞留している汚染物質を吸い込み、室内汚染度に対し、カプセル内の環境は、1.3気圧モデルで1.3倍、1.5気圧モデルで1.5倍になる可能性が有ります。また二酸化炭素濃度も、少なくとも衛生基準値をはるかに超えて高くなることが明らかになっています。


隙間風ひとつ入らない現代の住宅はとても快適に作られていて、冷暖房費の節約にも役立つ高気密省エネ設計です。

しかしこの「高気密化」されてきた住空間は換気を怠ると次第に空気が汚れてくることも事実です。その原因は外と内の両方にあります。

①先ずはきれいな空気を入れる事。

②室内に汚染物質を持ち込まない事。

③二酸化炭素を十分に換気すること

これは酸素カプセルにも言える事ではないでしょうか。





 

お電話でのお問合せはこちらから

受付時間 : 月曜日 ~ 金曜日

9:00 ~ 18:00 まで

 

03‐6869‐1927



LF-60の特長

とことん空気清浄にこだわったレブセル自信の「HBクリーンエアーシステム」

1.3層構造特殊フィルター(プレフィルター、HEPAフィルター、WACフィルター)を搭載。

①プレフィルター 

目の粗い塵や埃を捕集し、メインフィルター(HEPA・WACフィルター)の目詰まりを防ぎます。

②HEPAフィルター 

0.3㎛以上の微粒子を99.7%以上捕まえる事がJIS規格に定められています。PM2.5でさえ2.5㎛とHEPAフィルター0.3㎛の約8倍。花粉や、ノミダニアレルゲンであれば、完全に捕まえることができます。

③WACフィルター 

細孔の径は0.4㎚(ナノメートル)~1㎚(ナノメートル)= 0.0004㎛~ 0.001㎛ 。

HEPAフィルターを通り抜けてきた0.3㎛以下の超微細な微粒子をほぼ100%捕まえることができ、ガス状になった放射性ヨウ素131を99.43%以上捕集します。いざという時には内部被爆を防ぐ核災害用フィルターとしての能力を持つ、国産最高性能の特殊フィルターです。

*オプションで放射性ヨウ素ガス131捕集効率99.999%以上のさらに高性能なフィルターもご用意しています。

 

2.湿気に強く長寿命

他のフィルターは粒状活性炭を採用している製品が多く湿気が弱点になります。しかし高性能フィルターLFS-60は、湿気に強く長寿命、しかも高い捕集効率を誇るので、有事にしか使えない短期消耗型と違い、普段から酸素カプセル用としても使用する事ができます。*毎日8時間稼働で3年間の長寿命。

 

3.風量を落とさず加圧

一般的に目を細かくすれば微細な粒子を捕捉することができますが、今度は風量が弱くなったり寿命が短くなってしまいます。

風通しが良ければ、汚染粒子も通過してしまうのです。

クリーンエアシステム「L F 60」に搭載されている特殊フィルターはその両立に成功しています。

微細な粒子を残さずキャッチしながら、しっかり加圧もできる高性能フィルターです。

 

4.普段は空気清浄機としても活躍

クリーンエアシステム「L F 60」は、酸素カプセルとして使用していない時は、毎分60㍑の空気を清浄することができる高性能空気清浄器として活用することができます。

目安として1日8時間稼働で3年間使用できる長寿命フィルターなので、O2BEDを使用していない時にも稼働させることをお勧め致します。

 

5.フィルター交換も簡単

フィルター交換は、通常メーカー指定の担当者が伺いますが、廃棄する場合はフィルターを「燃えるごみ」に出すことができます。

また、焼却できますのでお客様ご自身でもフィルターの処分は簡単に行う事ができます。


【  WACフィルター 導入施設一例  】

 

東京電力株式会社・福島第一原子力発電所、東京電力株式会社・柏崎原子力発電所、北陸電力株式会社・志賀原子力発電所、中国電力株式会社・島根原子力発電所、中部電力株式会社・浜岡原子力発電所、国立感染症研究所戸山研究庁舎・村山庁舎、国立がんセンター、国立循環器センター、東京医科大学病院、長崎大学病院、京都大学原子炉実験所 その他多数







フィルター詳細


良質な休息は、安全安心な環境から生まれます。




お問い合わせはお気軽に!高気圧専門の担当者がお答えいたします。

03-6869-1927


こちらからも、お問合せできます


画像クリックでインスタグラムへ


お問合せフォーム